福島県

ラーメン

自家製麺 えなみ(福島県福島市)

2021/11/27今回は福島県福島市にあります「自家製麺 えなみ」をご紹介します。自家製麺えなみは、福島県内にあるえなみグループの先駆けで、まるでうどんのような極太自家製麺が個性的なお店です。開店前には必ず開店待ちの行列ができ、1番人気の「薩摩産木枯本節二年物鶏豚中濃つけめん」は昼営業で売り切れてしまうほど。うどんのようなつけ麺の極太麺は好みがはっきり分かれる麺ですが、好きな人にはがっちりハマります。
ラーメン

手打中華すずき(福島県白河町)

2021/11/13今回は福島県白河市にあります「手打中華すずき」をご紹介します。手打ち中華すずきは、”元祖白河ラーメン”ともいわれる「とら食堂」の初代店主のもとで修業した方がのお店です。白河ラーメンのお店は市内だけでも多数ありますが、そのなかでもトップレベルに美味しい麺が味わえるお店です。
ラーメン

白河手打ラーメン うさぎ(福島県岩瀬郡鏡石町)

2021/11/12今回は福島県岩瀬郡鏡石町にあります「白河手打ラーメン うさぎ」をご紹介します。白河手打ラーメンうさぎは、白河市より北東に約20kmほどの岩瀬郡鏡石町にある白河ラーメンのお店です。某有名グルメサイトではそこまで評価は高くありませんが、個人的には白河ラーメンの中でもトップクラスのお店だと思います。実際に開店前から行列ができますし、週末は14時前には売り切れ終了してしまうほどの人気店です。白河市以外で食べる白河ラーメンですが、想像以上に美味しい一杯に出会えますよ。
登山・ハイキング

猫魔ヶ岳(福島県耶麻郡磐梯町・北塩原村)

2021/11/4今回は福島県耶麻郡(やまぐん)磐梯町と北塩原村にまたがる「猫魔ヶ岳(ねこまがたけ)」をご紹介します。猫魔ヶ岳は標高1404mで、北西にある雄国沼(おぐにぬま)を囲む外輪山の一つです。猫魔ヶ岳の名前の由来としては【新編会津風土記】という書物に「人食い猫が出没することに、この名前の由来がある。猫石付近はいつも草木を生せす、塵埃なく掃除せしか如し」と書いてあり、要は「昔々、化け猫がこの山に棲みついて人を食べていた。その化け猫を苦労しながらなんとか住民が退治した」という化け猫伝説が山名の由来だそうです。
ラーメン

うえんで本店(福島県会津若松市)

2021/11/3今回は福島県会津若松市にあります「うえんで本店」をご紹介します。うえんでは創業50年近い会津のラーメンの名店で、現在は本店・山鹿店・喜多方店の3店舗あります。古き良き味の中華そばもありますが、なんといっても一番人気は北塩原村産の山塩を使用した会津山塩ラーメン。また焼き鳥(お肉は豚肉だけど”焼き鳥”)も人気の一品です。
登山・ハイキング

磐梯山(福島県耶麻郡猪苗代町・磐梯町・北塩原村)

2021/11/2今回は福島県耶麻郡(やまぐん)猪苗代町・磐梯町・北塩原村にまたがる「磐梯山(ばんだいさん)」をご紹介します。磐梯山は日本百名山のひとつで、ふくしま30座にも選ばれている福島県を代表するような山です。麓などから東西南北で合計6つの登山口があり、どのコースでも山頂まで日帰りで登ることが可能です。山頂は視界を遮るものが無いので360度のきれいな展望が楽しめますよ。ちなみに磐梯山の南側を表磐梯(おもてばんだい)、北側を裏磐梯(うらばんだい)と呼び、裏磐梯には檜原湖などがあって観光地としてとても魅力的な場所ですよ。
ラーメン

らぁ麺 おかむら(福島県郡山市)

2021/11/1今回は福島県郡山市にあります「らぁ麺 おかむら」をご紹介します。らぁ麺おかむらは福島県トップレベルの人気ラーメン店です。ラーメンWalker福島の2021と2022で二連覇を達成しました。元ホテルマンの店主が独学で試行錯誤を重ね、途中で移転リニューアルを経ながら、現在は会津地鶏スープ、ν白湯(ニューパイタン)スープ、背脂スープの3種類の基本スープがあり、様々な味のラーメンがあります。その時々の限定麺や、自家製ポルチーニ茸オイルを合わせた和えそば(替玉のようなもの)などもありますよ。
グルメ

お食事処むら井(福島県会津若松市)

2021/10/31今回は福島県会津若松市にあります「お食事処むら井」をご紹介します。会津若松市のご当地グルメといえばソースカツ丼が有名ですが、そのなかでもトップレベルの人気を誇るお店です。一時は道路拡張工事の影響などで閉店していましたが、復活してほしいとの声が非常に多く、店内をリニューアルして再オープンしました。鶴ヶ城から車で5分ほどのところにあり、会津若松市観光の際には必訪のお店です。
グルメ

道の駅ばんだい(福島県耶麻郡磐梯町)

2021/10/30今回は福島県耶麻郡磐梯町にあります「道の駅ばんだい」をご紹介します。道の駅ばんだいは日本百名山にも選ばれている磐梯山(ばんだいさん)のふもとにある道の駅で、常磐自動車道の磐梯河東ICを降りて数分のところにあります。磐梯町は蕎麦の生産地として有名で、道の駅ばんだいを訪れた際にはその蕎麦を使ったソフトクリームは必食の一品です。また名前繋がりで玩具メーカーのBANDAIとつながりがあったり、青森県むつ市の海産物を扱っていたりします。
伊達市

霊山ハイキング(福島県伊達市)

2021/9/18福島県伊達市にあります「霊山(りょうぜん)ハイキング」をご紹介します。霊山の歴史は古く、昔は修験道の霊山寺、南北朝時代には霊山城として長い歴史をもつ山です。ハイキング(登山)道はよく整備され、老若男女問わず誰でも楽しめると思います。基本的には全体的に整備されて歩きやすい初級レベルの山ですが、ところどころでハシゴを上ったり渡ったり、いろいろな岩場がたくさん現れるため、小さなお子様を連れていく際には転落には十分注意が必要です。
ラーメン

井戸端よしお(福島県相馬市)

2021/7/12福島県相馬市にあります「井戸端よしお」をご紹介します。宮城県の仙台駅東口にあるラーメンの名店「くろく」店主が地元の相馬市にオープンしたお店です。化学調味料を一切使わず、全体的に優しい味わいのラーメンですので、老若男女問わず気軽に行けるお店です。
ラーメン

旭川ラーメン ゆーから(福島県南相馬市)

2021/7/11福島県南相馬市にあります「旭川ラーメン ゆーから」をご紹介します。黄色い看板&黄色い外壁が特徴のわかりやすい外観です。福島県では珍しい旭川ラーメンのお店です。店主さんは神奈川県横浜市にある旭川ラーメンの名店「ぺーぱん」で修業されたそうです。
ラーメン

麺屋 銀次郎(福島県福島市)

2021/6/20福島県福島市にあります「麺屋 銀次郎」をご紹介します。元々はお隣の山形県米沢市でラーメン屋を営んでいた店主が心機一転、店名も変えて福島県福島市にオープンしたお店です。
ラーメン

火風鼎(福島県白河市)

2021/6/19福島県白河市にあります「火風鼎(かふうてい)」をご紹介します。白河ラーメンの巨匠であり、「とら食堂」と並ぶ超有名店です。火風鼎の息子さんは栃木県那須塩原市「焔」の店主さんです。
いわき市

中華そば 風(福島県いわき市)

2021/6/7福島県いわき市にあります「中華そば 風(かぜ)」をご紹介します。いわき市における鶏白湯ラーメンの先駆者であり、週末には行列ができる人気店です。店主はらーめん王とも言われる石神秀幸さん主宰の”食の道場”卒業生でもあります。
ラーメン

双葉食堂(福島県南相馬市)

2021/6/2福島県南相馬市にあります「双葉食堂」をご紹介します。合併前の小高町から続く古き良き田舎の中華そば屋さんです。東日本大震災の避難指示により一時は別の場所の仮設店舗で営業していましたが、2016年からは南相馬市小高区駅前のお店で営業しています。
登山・ハイキング

信夫山ハイキング(福島県福島市)

2021/5/28福島県福島市にあります「信夫山」のハイキングをご紹介します。信夫山は福島市の中心部にあり、標高は275mです(実際は羽山、羽黒山、熊野山の3つの山が集まった総称です)。駐車場も各所に整備されているため、比較的気軽にハイキング(散歩)できます。所々歩道が整備されていないところも若干ありますが、今回のルートは全体的にほぼ舗装道路です。
グルメ

まきばのジャージー(福島県伊達市)

2021/5/19福島県伊達市にあります「まきばのジャージー本店」をご紹介します。ここのジェラートは滑らかな口当たりと濃厚な味わいでボリューム満点にも関わらず低価格。公共交通機関が無いため車でないと行けない場所ですが、付近を訪れた際には春夏秋冬問わず必訪です。
ラーメン

さんくるげ(福島県田村市)

2021/5/18福島県田村市にあります「さんくるげ」をご紹介します。店主は東京都内のミシュラン星獲得店で修業した方で、2019年4月に両親が営んでいた鮨屋を改装してオープンしました。福島県では珍しい朝ラーメン可能なお店です。さんくるげは方言で「ひっくり返す」の意味。お母様の口癖だったそうです。
スポンサーリンク