グルメ

熊野古道①大門坂~熊野那智大社

(W杯に夢中で写真しかない記事です。適宜、文を加筆していきます) なでしこジャパンのモニュメント ...
グルメ

玉置神社(奈良県)

(W杯に夢中で写真しかない記事です。適宜、文を加筆していきます) ...
和歌山県

熊野三山③熊野本宮大社(和歌山県田辺市)

こんにちは、ぶるすけです。3回に分けてご紹介する熊野三山(くまのさんざん)。第3回は「熊野本宮大社(和歌山県田辺市)」をご紹介します。 第1回「熊野速玉大社・神倉神社(和歌山県新宮市)」はこちらです。第2回「熊野那智大社・青岸渡寺・...
和歌山県

熊野三山②熊野那智大社・青岸渡寺・那智の滝(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)

2022/11/153回に分けてご紹介する熊野三山(くまのさんざん)。第2回は「熊野那智大社・青岸渡寺・那智の滝(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)」をご紹介します。熊野那智大社は熊野本宮大社・熊野速玉大社とともに熊野三山の一社として全国に約4000ほどある熊野神社の御本社です。その中でも熊野那智大社は那智の滝(那智大滝)への自然崇拝を起源とする神社で、熊野三山のひとつとしての熊野十二所権現、そこに那智の滝の飛瀧権現を加えた十三所権現を祀っています。
和歌山県

熊野三山①熊野速玉大社・神倉神社(和歌山県新宮市)

2022/11/8今回から3回に分けてご紹介する熊野三山(くまのさんざん)。第1回は「熊野速玉大社(くまのはやたまじんじゃ)・神倉神社(かみくらじんじゃ)(和歌山県新宮市)」をご紹介します。熊野速玉大社は”新宮”と呼ばれ、和歌山県新宮市の熊野川そばに鎮座しています。主祭神は「熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)」と「熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)」の夫婦神で、それぞれ日本神話における伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)とされています。
岐阜市

金華山 ハイキング(岐阜県岐阜市)

2022/11/1今回は岐阜県岐阜市にあります「金華山(きんかざん)ハイキング」をご紹介します。金華山は岐阜市中心部にある岐阜公園に隣接していて、標高329mの山頂からは岐阜市内や濃尾平野を一望することができます。今回ご紹介する金華山は、10本ある登山道のうち【七曲り登山道 → 山頂 → 水手道(めい想の小径)】というルートです。
グルメ

天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 井原店(岡山県井原市)

2022/10/29今回は岡山県井原市(いばらし)にあります「天然鯛焼(てんねんたいやき) 鳴門鯛焼本舗(なるとたいやきほんぽ) 井原店」をご紹介します。天然鯛焼鳴門鯛焼本舗は関東を中心とした全国チェーンのたい焼き店で、中国地方にはここ井原店と広島市にある広島本通店の2店しかありません。
山形県

御所山 登山(山形県東根市)

2022/10/25今回は山形県と宮城県の県境にあります「御所山(ごしょざん)」をご紹介します。御所山は、山形と宮城県の県境にある船形連峰の主峰(標高1500m)です。「あれ?船形山(ふながたやま)のことじゃない?」と思った方、鋭い指摘です。実は御所山と船形山は同じ山です。主に山形県側では御所山といい、宮城県側では船形山と呼ばれています。今回は山形県側から登りましたので、あえて「御所山」としました。
宮城県

七ツ森②(たがら森)・遂倉山・鎌倉山・笹倉山(宮城県)

2022/10/18今回は宮城県黒川郡にあります「七ツ森(ななつもり) 登山② 遂倉山(とがくらやま)・鎌倉山・笹倉山」をご紹介します。宮城県黒川郡にある七ツ森は、松倉山、撫倉山、大倉山、蜂倉山、遂倉山、鎌倉山、笹倉山を総称したものです。七つの山にはそれぞれ山頂や山頂付近に薬師如来(やくしにょらい)が安置されていて、七ツ森それぞれの頂上に祀られている薬師如来を1日でお参りする「七薬師掛け」は、踏破すると無病息災が叶うと古くから言い伝えられています。
宮城県

七ツ森 登山① 松倉山・撫倉山・大倉山・蜂倉山(宮城県黒川郡)

2022/10/11今回は宮城県黒川郡にあります「七ツ森(ななつもり) 登山① 松倉山・撫倉山・大倉山・蜂倉山」をご紹介します。宮城県黒川郡にある七ツ森は、松倉山、撫倉山、大倉山、蜂倉山、遂倉山、鎌倉山、笹倉山を総称したものです。七つの山にはそれぞれ山頂や山頂付近に薬師如来(やくしにょらい)が安置されていて、七ツ森それぞれの頂上に祀られている薬師如来を1日でお参りする「七薬師掛け」は、踏破すると無病息災が叶うと古くから言い伝えられています。
山形市

千歳山・山伏山・護摩山 ハイキング(山形県山形市)

2022/10/4今回は山形県山形市にあります「千歳山(ちとせやま)・山伏山(やまぶしやま)・護摩山(ごまやま)」をご紹介します。今回ご紹介する千歳山をはじめとした山々は山形市内の東部にある人気の低山群で、道はよく整備されているのでハイキングコースとしてとても人気があります。千歳山の標高は、山形市内にある471m(シナイ)と語呂合わせができて覚えやすいですよ。
山形県

鳥海山 登山 鉾立ルート(象潟口)

2022/9/27今回は秋田県と山形県に跨る霊峰、「鳥海山(ちょうかいさん)登山 鉾立(ほこだて)ルート・象潟口(きさかたぐち)」をご紹介します。鳥海山はいくつかあるピークの中で新山を最高峰として標高2236m、東北地方で2番目に高い山(東北地方で1番標高が高い山は燧ケ岳)です。地元では出羽富士とも呼ばれ、人々から山岳信仰の霊峰として崇められてきました。今回は分岐となる七五三掛から先に外輪山コースを上り、七高山ピークを経由して深山山頂へ、そして下山は千蛇谷を通りました。
南会津郡

燧ケ岳 登山 御池登山口~沼山峠休憩所(福島県南会津郡檜枝岐村)

2022/9/20今回は山頂が福島県南会津郡檜枝岐村にあります「燧ヶ岳(ひうちがたけ)御池登山口~沼山峠休憩所」をご紹介します。燧ケ岳は至仏山(しぶつさん)と共に尾瀬国立公園内にある日本百名山として有名です。主に柴安嵓(しばやすぐら)と俎嵓(まないたぐら)の双耳峰で、その他にミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳と、合計5つのピークがあります。その中でも柴安嵓(しばやすぐら)は標高2356mで、東北地方最高峰です。
グルメ

お食事処むら井(福島県会津若松市)

2022/9/13今回は福島県会津若松市にあります「お食事処むら井」をご紹介します。会津若松市のご当地グルメといえばソースカツ丼が有名ですが、そのなかでもトップレベルの人気を誇るお店です。一時は道路拡張工事の影響などで閉店していましたが、復活してほしいとの声が非常に多く、店内をリニューアルして再オープンしました。鶴ヶ城から車で5分ほどのところにあり、会津若松市観光の際には必訪のお店です。
ラーメン

らーめん三福(宮城県宮城郡利府町)

2022/9/6今回は宮城県宮城郡利府町にあります「らーめん三福(さんぷく)」をご紹介します。らーめん三福は利府町の県道8号(利府街道)近く、ラーメン激戦区にある超人気店です。自家製麺で無化調、鶏ベース。デフォは醤油と塩の2種類がありますが、どちらもとてもクオリティ高い一杯となっています。
ラーメン

麺や遊大(宮城県富谷市)

2022/8/30宮城県富谷市にあります「麺や 遊大(ゆうだい)」をご紹介します。こちらは元々ラーメンブロガーだったhiroさんが出したお店。全国的にも珍しい濃厚なタンメン専門店です。週末だけの朝ラーメンや、高頻度で出される限定麺のクオリティも高く、いつ訪れても新たな楽しみがあるお店です。
ラーメン

麺舞 杉のや(宮城県名取市)

2022/8/23今回は宮城県名取市にあります「麺舞 杉のや(めんまいすぎのや)」をご紹介します。麺舞杉のやは、元々和食料理人だった店主がその経験を活かして作り上げた鯛だしベースのラーメンが味わえるお店です。テレビや雑誌など宮城県のラーメンランキングでは1位を獲得したことが多々あり、ミシュランガイド2017特別版にも掲載されています。曜日に関係なく連日行列ができますが、店員さんがみんなテキパキしていてオペレーションがスムーズなので回転はとても速いですよ。
ラーメン

麵屋 八(宮城県名取市)

2022/8/16宮城県名取市の「麵屋八」をご紹介します。名取市は美味しいラーメン屋が多いですが、麵屋八はその中でも特に濃厚好きにはたまらないお店です(割りスープがあるので、”濃い”と感じる人でも各自/で薄めて調整できます)。どれも美味しいですが、麵屋八は特に”麺”の美味しさが抜群です。
京都府

日本三文殊 第一霊所 天橋山 智恩寺(京都府宮津市)

2022/7/6今回は京都府宮津市にあります「日本三文殊 第一霊所 天橋山 智恩寺(ちおんじ)」をご紹介します。京都府宮津市といえば日本三景のひとつ”天橋立(あまのはしだて)”が有名ですが、その南側すぐ隣にあるのがこの智恩寺(ちおんじ)です。古くから文殊信仰の聖地として切戸文殊(きれとのもんじゅ)と呼ばれ、奈良県の安倍文殊・山形県の亀岡文殊とともに日本三文殊と呼ばれています。
京都府

天橋立③天橋立傘松公園(股のぞきの”發祥之地”)(京都府宮津市)

2022/7/23回に分けてご紹介する「天橋立(あまのはしだて)」シリーズ。第3回は「天橋立傘松公園(股のぞきの”發祥之地”)」をご紹介します。天橋立は京都府の北部、日本海に面している宮津市にあり、「宮城県の松島」「広島県の宮島」とともに”日本三景”のひとつとされている特別名勝です。長さ約3.6kmの砂州(さす)に約5000本もの松が茂っているとても珍しい地形で、高いところから見るとその形が”天に架かる橋のように見える”ことから『天橋立』の名が付きました。
スポンサーリンク