スポンサーリンク

麺や遊大(宮城県富谷市)

宮城県富谷市にあります「麺や 遊大(ゆうだい)」をご紹介します。

こちらは元々ラーメンブロガーだったhiroさんが出したお店です。
麺や遊大は全国的にも珍しい濃厚なタンメン専門店
週末のラーメン季節限定麺高頻度で出される期間限定麺のクオリティも高く、いつ訪れても新たな楽しみがあるお店です。

メニュー

外観

基本は「濃厚タンメン・辛タンメン・魚黒タンメン」の3種類。
季節限定は基本メニューの下、朝ラーメンやその時の限定麺などは右側に配置となります。

濃厚タンメン

濃厚タンメン(780円) くん玉(150円)

鶏ベースと豚ベースのスープがミックスされた濃厚なタンメンです。
中華鍋で炒められた野菜の旨味も加わっての絶品スープ。
チャーシューは鶏モモで、特製の「遊大タンメン」にすると大きな炙り豚バラチャーシューやメンマもトッピングされます。
おろし生姜の有無は注文時に聞かれます。
パプリカなどで彩られており、見た目だけでも美味しさが伝わります。

麺は平打ち中太、ツルツルした万人受けするようなバランスのいい味わいの麺です。

(個人的に遊大のくん玉が大好きなので、以降も味玉ではなくくん玉が多いです)

旨塩からあげ

旨塩からあげハーフ (220円)
卓上の調味料(フレーバー)

美味しいからあげです。
卓上にはからあげ用に「カレーフレーバー」と「レモンフレーバー」があり、途中で味変もできます。

いろいろな季節・期間限定麺、朝ラーメン

味噌タンメン(冬)

味玉味噌タンメン(980円)

甘めの味噌が旨味を深く、そしてその甘みを生姜がさっぱりさせてくれます。
穴が開いたレンゲがあるのでひき肉も最後まで食べられます。

辛味噌タンメン(冬)

辛味噌タンメン 中辛(880円)

半分だけ辛味がかかっています。
遊大の辛い物は基本的に「小辛・中辛・大辛」の3種類から選べます。

油そば(いろいろ)

油そば 生姜

タンメンとは違いモチモチ太麺。
コロナ渦では一時テイクアウトにも対応していました。

つけタンメン(夏)

つけタンメン

煮干しベースの濃厚つけ汁とさっぱりとした自家製麺。
つけ汁の中には大量の炒め野菜や刻みタマネギが入っています。

辛つけタンメン(夏)

辛つけタンメン 中辛   くん玉

煮干しベースのつけ汁に辛味が合います。
とにかく麺が美味しい。

冷やしタンメン(夏)

冷やし遊大タンメン

温かいタンメンより麺の弾力と味わいが強く感じます。
夏にピッタリでした。

焙煎海老タンメン(期間)

焙煎海老タンメン  くん玉

海老が濃厚スープと相性抜群でした。

台湾まぜそば(春)

台湾まぜそば

具材やつけダレも美味しいのですが、モチモチ麺が最高でした。

冷やし鶏そば(夏)

冷やし鶏そば

名前の通り蕎麦です。
鶏の旨味たっぷりの冷たいスープとしっかりとした風味ある蕎麦の相性がバツグン。

冷やしつけ鶏そば

冷やしつけ鶏そばは冷やしつけ鶏そばの裏メニュー。
冷やし鶏そばのスープは名前の通り冷たかったのですが、こちらのつけ汁は温めてあります。
醤油感が濃くなったところに鶏の油が溶けて旨味がさらにアップし、しっかりと締められた蕎麦の歯ごたえも最高です。

朝ラーメン

朝のあっさりタンメン くん玉

さっぱりしたスープでしたが旨味が凝縮。

味玉 朝の昆布塩そば(780円)

茹でる前に麺棒でしっかり圧を加えたパスタのような麺が最高。

朝の冷やし昆布塩そば(680円)

昆布塩そばの冷やしパージョン。
冷えた麺がより旨味を強調します。

まとめ

基本メニューも限定麺も、何を食べても美味しいです。
濃厚ですが濃厚過ぎず、老若男女問わず満足できると思います。
接客も素晴らしい。
個人的には限定麺の麺が毎回楽しみなお店です。

店舗情報

住所:
宮城県富谷市富ケ丘2-20-2 サイバーパーク102
(富ケ丘郵便局の隣)

営業時間:
11:00~14:30
17:30~21:00
(週末の朝ラーメンは8:00~9:30)

定休日:
火曜日(月曜日は昼営業のみ)

駐車場:あり
①店舗前と東隣りに5台(専用看板のある場所のみ可能)
②店舗の東に道路渡って砂利の駐車場12台
③土日祝日は店舗前の郵便局分も2台駐車可能

HP:なし

SNS:Twitter ブログ(最近は更新無し)

特記事項:
カウンターとテーブル席があります。
子供連れはテーブル席になるよう,さりげなく配慮してくれます。
小さな子どもにはジュースのサービスがあります。

開店前後ともに店前に並んだ順での入店です。
(代表待ち厳禁)

季節限定麺のときには昼も夜もそれなりの込み具合ですが、期間限定麺のときには駐車場が空かないくらい混雑します。

朝ラーメンの内容や限定麺などは随時リニューアルされるので、訪問前にツイッターを必ずチェックしましょう。

コメント